2018年7月17日火曜日

(東京在住の)友人からの嬉しい報

ミツバチに熱を入れ出してから7年経つ。
この間に幾多の人にその面白さを説いてきた。
東京在住の旧知の友、A君もそのうちの一人だ。
4年ほど前になるが、小生のあまりの趣味養蜂の勧めに根負けして、庭に巣箱を置くことを渋々了承。住宅街にある一戸建住宅の庭に設置してくれている。
巣箱は我が家の空き巣箱の中から一台を宅配便で送ってやった。
A君の家は東京と言っても23区外で幾分かは周囲に自然が残る地域である。
ネットでA君の地域の隣町でミツバチを飼っている人の情報も確認している。環境的にも捕獲可能性は十分にあると踏んでの強いお勧めであった。
以来4回の分蜂シーズンを迎えたもののミツバチは入居することもなく時は過ぎた。今年も既に7月中旬になり、今シーズン入居は既に諦めたも同然であった。
◆ ◆ ◆ ◆
ところがである。
昨日、A君からやや興奮気味に電話でミツバチ入居の報が入った。
2~3日前から出入りが確認できていたらしく、やっと巣箱の窓から恐る恐るのぞき込んで、夥しいミツバチの塊りと白い巣を確認したとのことだ。

祝福とともに、これからの注意点を伝えた。それに役所への飼育届の提出を忘れずにとも。
これから彼の豊かなミツバチライフが始まるはずである。万歳。。

2018年7月16日月曜日

丸洞型巣箱にご入居いただけた

我が自家山林に設置してある、杉丸太をくり抜いて作った丸洞型巣箱。
過去2年は空振りであったが、今年入居しているのを発見。数日前に入ったらしい。
 Youtube  丸洞型巣箱にニホンミツバチが入居

期待していなかっただけにウレシさは半端ない。
今日のこのくそ暑さを忘れるほどの喜びである。
これでまた捕獲記録を更新した。


今年は7月になってから入居するという現象が続いていて、今までにないパターンに少々戸惑っている。だいぶ出遅れているので冬を越せるだけの巣作りと蜜の貯め込みができるのかどうかも懸念される。
大事に見守ってゆくしかない。

2018年7月15日日曜日

気まぐれなリョウブ

我が家の山には『リョウブ』の木がたくさんあって、いま花を付けている。
枝先にいくつもの花穂が付き、それぞれの花穂に梅に似た白くて小さな花がたくさん開く。
ほぼ緑一色の深山にあって、普段は地味で目立たないこの木が遠くから一目でわかる。

この花はミツバチをはじめ多数の昆虫が群がることで有名だ。美味しい蜜がたくさん出る樹でもある。
たくさんの虫が群がり蜜を貪る様子は、あたかも昆虫たちのレストランのようとも言われる。ただ、モノの本によれば「ほとんど蜜がとれない年が続き、5年または10年に一度ドカッと蜜をだす」・・とある。どうやらかなり気まぐれな木らしい。
今年はどうなのだろうか。残念ながら昆虫が群がっているようには見えない。
ウメモドキや栗、アオハダのように花期の樹下に立つとうるさいぐらいの羽音が聞こえない。おそらく蜜の出ない年なのだろう。

斯様に、花は毎年同じように咲くけれども蜜の出方が極端に変化するのだから、このあたりを活動場所にしているニホンミツバチが集める百花蜜は、味・色が少しずつ違うのも当たり前だ。
わが家の『玉川里山はちみつ』は、その年開花した花の組合せ結果である。
今年の蜜はどんな風味になっているだろうか。開けてみてのお楽しみである。

2018年7月11日水曜日

2018年ミツバチ捕獲成果

今年のニホンミツバチ捕獲成果について。
◆ ◆ ◆ ◆
本日(7/11)現在、入居中の巣箱数は20箱。
今年4月のスタート時点は、入居巣箱(昨年夏からの越冬群)が7箱。
なので単純に言えば今年に13箱も増えた計算になる(新規捕獲数は実際は17だが、4群逃げられてしまっている。つまり、7+17-4=20)。
これは過去最高の数。なんとも素晴らしい結果となった。
詳細な分析はこれからだが、今年初めて試した『Plein soleilⅠ型』(太陽光熱による単純な蜜蝋融解装置)設置との因果関係は多分にあるかもしれぬ。

当地は分蜂群の捕獲は4月中旬~5月末辺りまでがピークで、7月になって新たに巣箱に入居する群は極めて稀だ。どこかの巣箱から逃げてきた群れがごくごくたまに入居する程度だ。ところが今年は7月になってから3群も入居してくれて、棲み付いてくれている。驚いている。『Plein soleilⅠ型』は置きっぱなしであるので、晴れた日は今も蜜蝋の匂いを発散させている。これもこの時期に巣を探している群れを引き寄せている一因であるかもしれない。
これはこれで嬉しいことなのだが、正直なところ何かしら例年とは違った感じがして仕方ない。これも異常気象現象のひとつなのかなぁ・・と。
◆ ◆ ◆ ◆
20群もいると、蜂数も多くて元気良い群れもある一方、いつ消滅しても不思議でない弱々しい群もあったりで、それぞれ。
数日おきにこれら入居中巣箱の点検をして回っている。
巣箱の内部状況や出入りする蜂たちの動きを見て、巣箱追加(空の巣箱を下に追加して巣が伸びる空間を確保してやる)をしたり、西日除けのスダレを掛けたりと、あれこれ世話を焼いている。

元気の良い群れの数箱は、今月下旬から順次採蜜ができそうだ。
皆さまも参加できる採蜜体験会を開く予定でいる。乞うご期待。

2018年7月9日月曜日

ミソハギ

例年より一月以上も早く、ミツバチの大好きなミソハギが咲き出した。

今年は6月から30℃を超える暑さが続いたせいだろう。
我が家のミツバチたちもさっそくこの明るいムラサキのカワイイ花を見つけ、次々と訪花している。
このあと8月末ごろまで順々に開花して、緑の風景に鮮やかな彩りを添えてくれる。
花が少なくなる時期でもあり、ミツバチにとっては有り難い花だ。
そのうえ私たちの目も楽しませてくれる。
繁殖力は強くてどんどん広がって群生する植物だ。
花の開花時期がちょうど良い時期であるし、しかも咲いている期間が長い。
なんともウレシイ・ステキな花だ。

2018年6月29日金曜日

2018年 プラム終了

今日、最後のプラムの収穫を行い、短い収穫時期を終えた。
この1週間で多くのお客様にお届けでき、喜んでいただけたようだ。
生食で旬の味覚を楽しんだという方も、ジャムにして少しずつ味わって楽しんでいるという方もいらっしゃる。皆さまが美味しいと言ってくださり、生産者としては嬉しい限り。また来年も楽しみにしているよ、というご声援もたくさん頂戴している。
でも出来不出来は自然任せ。プラムの樹に聞いてみないと・・。
なにしろ過去3年間は収穫ゼロだから。難しいものだ。
▼ ▼ ▼ ▼
プラムの枝や実に、小さなカタツムリがいくつもついているのを発見。

1.5センチほどしかない。
小さな殻が薄く透けているので孵化して間もないベイビーなのだろう。カタツムリって今が誕生の時期らしい、知らなかった。
しばし見とれてしまった。

それにしても、まあなんてカワイイのだ、このカタツムリは。
 Eh bien, comme c'est joli petit escargot

この生まれたてのカタツムリでも、殻の中に悲しみがいっぱい詰まっているのだろうか。
しばらく眺めた後、そっと紫陽花の葉に置いてやった。

2018年6月26日火曜日

もぬけのから

作りかけで放棄されたニホンミツバチの巣。

同じ大きさの6角形の部屋が整然と並んでいる。
なんと見事なフォルムなのだろう。ミツバチたちの造形能力にはつくづく感心させられる。
◆ ◆ ◆ ◆
今年は『巣枠式巣箱』での飼育に挑戦した。
先月、捕獲した分蜂群を『カ式』をまねて作った巣枠式巣箱に強制的に入れてみた。かなりの強群(一万匹ほどの大規模な群れ)で、2日間ほど巣箱にいて巣を作り始めたものの、何かが気に入らなかったようだ。3日目にきれいに逃げ去ってしまった。
後に残されたのがこの長さ7センチほどのまっ白できれいに整った巣。
巣枠の上部から垂れて作られている。


この巣枠一面に巣が張られ、ミツバチたちが群がっている姿を楽しみにしていたのだが残念な結果に終わった。
巣を放棄して逃げ去ることはニホンミツバチ飼育ではよくあること。気を取り直してまた来年の春に挑戦である。

他の重箱タイプの巣箱のハチたちは元気で、順調に巣が大きくなっている。この夏には何箱も採蜜することになりそうだ。